青汁にミルクをプラス

青汁のおいしい飲み方についてですが、これは好みもあるのでいろんな飲み方ができますね。

一番ポピュラーなのは、ミルクに青汁の粉末をいれた飲み方ではないでしょうか。

最近は青汁独特の臭みもほとんどなく、抹茶のような味と香りのするものも多くなっています。

ミルクにとかすことで、まるで抹茶ミルクを飲んでいるようだと、クチコミでも評判になっていますね。

夏は冷たく冷やして、冬は温めてホットミルクに青汁を入れればどちらもおいしく飲むことができます。

ちょっと甘みがほしいなと思うのなら、お砂糖よりもハチミツを入れるのがオススメです。

シロップタイプのオリゴ糖を入れてもいいですね。

オリゴ糖の場合は、入れ過ぎるとお腹がゆるくなるので量を調節してください。


青汁にフルーツジュースをプラス

青汁の美味しい飲み方でオススメなのは、フルーツジュースに入れる飲み方です。

野菜ジュースでもいいですね。

フルーツジュースの場合は、できれば100%のものを選びたいですね。

リンゴジュースに青汁を入れてもとてもおいしく飲むことができます。

野菜不足の人は、野菜ジュースを飲むのもオススメですが、ここに青汁をプラスすることでさらに理想の栄養バランスに近づけることができます。

野菜不足の人にはもちろん、野菜が苦手という人にも、手軽に野菜補給と栄養補給ができます。


デザート感覚の飲み方

夏は冷たく冷やして、冬は温かくして飲むことで、いろんな飲み方ができる青汁。

特に夏は、暑さのため夏バテをしてしまう事もあります。

食欲も落ちてしまい、あっさりとしたものばかり食べている、なんてことも。

そういう時こそ、青汁の出番です。

冷たく冷やしたミルクに青汁を入れるだけでもおいしく飲むことができますが、さらに一工夫してみましょう。

好きな味のアイスクリームとミルクと青汁をミキサーに入れて混ぜれば、お好みフレーバーのシェイクになります。

ミルクと青汁にヨーグルトと、少しの氷を混ぜれば、スムージーに早変わり。

意外な形で青汁をおいしく味わう事ができますよ。

凍らせてシャーベットにしてもいいですね。

青汁の氷を作っておけば、溶けても薄まらないのでいいですよ。