食事にも青汁をプラス

青汁はただ飲むだけで、理想的な栄養を補うことができます。

でも、飲むだけじゃなく食事にも青汁を使う事ができるので、美味しく食べて健康になりましょう。

ここではオススメレシピを紹介していきます。

料理というと手が込んでいて面倒というイメージもありますが、いつもの手順に青汁をササっと入れるだけなので、とても簡単です。

例えばてんぷらの衣に青汁をプラスしてみましょう。

ほのかに香る青汁の衣は、揚げるとグリーンに色づき、香ばしい香りが食欲をそそります。

小麦粉と水を混ぜたてんぷらの衣に、青汁を入れるだけなのでとても簡単ですね。

いつものてんぷらが青汁を入れることで、風味と香りが増しとてもおいしくなります。

野菜でも魚介類でもお好みの具材を使ってみましょう。


青汁のケーキ

お菓子作りが好きな人なら、青汁入りのケーキを作ってみませんか?

スポンジケーキ、シフォンケーキ、どのケーキにも応用できます。

生地の中に青汁をプラスするだけなので、とても簡単ですし味を損ねません。

大麦若葉の青汁粉末を使うとクセがないので、クッキーや蒸しパンなどにも使えます。

ほのかに緑色のスポンジを作り、生クリームの中に青汁をプラスして、青汁ロールケーキもオススメ。

小豆をいれれば、和風のロールケーキになってとっても美味しいですよ。


青汁入りのパン

子供は何かと野菜と嫌いますね。

育ち盛りにたくさんの栄養を摂らせたい、と悩むお母さんも多いのでは?

最近流行りのホームベーカリーにも青汁を使ってみませんか?

野菜を生地に練り込んだパンもおいしいのですが、嫌いな野菜とわかると食べない子もいますね。

青汁をパンの生地に練り込めば、野菜臭さがまったくないので、美味しいパンができます。

入れる青汁の量にもよりますが、ほのかに緑に色づくので、見た目にもちょっと変わったパンなのでお子さんにも人気のようです。

サンドイッチにしたり、焼きたてをそのまま食べたりといろんな楽しみ方ができますね。

パンを細かく刻み、ホワイトソースやチーズを乗せてパングラタンにしてもいいですね。

この時ホワイトソースにも青汁を入れると、風味が増しておいしくなります。