ケール

青汁が出始めた当初は、とにかく「青臭くてマズイ」というのが青汁のイメージでした。

でも、最近ではとても口当たりがよく、気になる臭いもほとんどない、飲みやすいおいしい青汁が増えていますね。

いろんなメーカーから出ていますが、青汁ってみな同じなのでしょうか?

青汁にも種類があります。

基本的には、野菜を原料にしているのですが、野菜の種類によって青汁の種類も変わってきます。

一番多く、ポピュラーなのはやはり、ケールでしょう。

ケールはアブラナ科の植物ですが、キャベツと同じ種類になります。

そういえばどことなく、ケールを主原料にしている青汁って、ほのかにキャベツに似た香りがしますね。

ケールは野菜の中でも栄養素のバランスがよく、栄養補給にはもってこいの野菜といえるでしょう。


大麦若葉とモロヘイヤ

ケールの次に青汁に多く使われているのが、大麦若葉ではないでしょうか。

麦と名が付くように、イネ科の植物になります。

大麦若葉はミネラルやビタミンといった栄養素が豊富なうえに、クセがないので青汁にした時にさわやかな口当たりが特徴的です。

次に多いのは、モロヘイヤを使った青汁です。

ネバネバ系の野菜というイメージも強いのですが、栄養価の高さ、女性に不足しがちな鉄分も補えるので、モロヘイヤの青汁も人気があります。


その他の野菜

他にも青汁の原料として使われている野菜があります。

青しそ、クワの葉、ヨモギなどですね。

強い生命力を持つ、明日葉をつかった青汁も健康にいいという事でクチコミで人気が高まっています。

青汁を飲む目的は、健康のためです。

青汁の原料の野菜には、いろんな効果があるので使われる野菜によって、青汁の選び方も変わるかもしれませんね。

明日葉、ヨモギ、クワの葉、青しその青汁は、健康のために、そして生活習慣病の予防のために飲む人も増えています。

同じメーカーでも、原料の違う青汁を目的別に出していることもあります。

たくさん種類があるので、迷う事もあります。

自分がなぜ青汁を飲むのか?これを考えながら青汁の種類を決めるのがオススメです。