ビタプログリーン製法

ビタプロ青汁が人気の理由のひとつに、独自のビタプログリーン製法があると思います。

この製法はお茶の葉作りにヒントを得ています。

お茶を作る時には、一旦お茶の葉を蒸してからじっくりと乾燥させていきますね。

ビタプロ青汁はこれと同じ方法で作られています。

茹でずに蒸すことで栄養素を閉じ込めることができ、余分な水分を飛ばすので美味しさもアップするのです。

摘み取った大麦若葉はその日のうちにを検査し、洗浄した後蒸らします。

蒸らし終えたら、手もみ、2回の中もみをした後、じっくりと乾燥させ最後に裾抜きをします。

昔から守られてきた伝統的な手法で作られているからこその美味しさが、ビタプロ青汁の人気の理由となっているのです。


23種類以上の栄養素

ビタプロ青汁には大麦若葉の他に、クロレラとカワラケツメイシの2つの成分を配合しています。

健康には欠かせない3大成分の他に、ビタミンCやビタミンAをはじめとする、12種類以上のビタミン。

カルシウムやマグネシウム、鉄といった健康のためには欠かすことができない、ミネラルも8種類以上配合されています。

ビタプロ青汁は1袋(3g)を100mlの水がぬるま湯に溶かして飲むのが基本的な飲み方ですが、この1杯のなかに、こ23種類以上もの栄養素が含まれているのです。


アレンジ自由なおいしさ

ビタプロ青汁の人気の理由には、アレンジ自由な美味しさもあると思います。

大麦若葉を使用しているので、青臭さをまったく感じません。

抹茶風味に仕上げているので、どんな飲み物とも相性がよく、食事の時にお茶変わりに飲むこともできます。

実際に、ビタプロ青汁を試した人の97%の人が美味しいと実感したという結果も出ています。

健康のために、美容のために毎日続けることに意味があるので、無理なく美味しく続けられるビタプロ青汁が人気があるのも納得ですね。

ビタプロ青汁を飲んでから、今までの青汁のイメージがガラリと変わったという声も多く寄せられています。

ミルクに入れたり、リンゴジュースに混ぜても美味しいとクチコミでも評判です。